Event is FINISHED

採用学4周年記念セミナー「採用は必要か?事業を前に進めるための採用の在り方を改めて考える」

Description
インターンシップを実施する。ナビサイトに掲載する。説明会を開催する。適性検査を受検してもらう。グループ面接を経て、個人面接を通じて合否の判断を下す。内々定を承諾してもらえば晴れて入社・・・。

この種の人材採用プロセスをとる企業は少なくありません。採用プロセスは「標準化」されてきており、採用業界はある意味で成熟してきていると言えるでしょう。

その中で主にテクノロジーの進展に伴い、次々と新しい採用手法が登場してきています。その動向を受けて企業は、標準化された採用プロセスにおける一部分をどのように入れ替えれば良いかを検討しています。「このサービスの代わりに別のサービスを使った方がいいのでは」といった具合に。

「既存の標準化された採用プロセスをより効率的なものにしていこう」という努力が重要なのは言うまでもありません。採用プロセスが堅実に運用できているかどうかが、求職者の志望動機に影響を及ぼすと指摘する研究もあります。

しかし、採用に関する検討は、本当にそれだけで十分なのでしょうか。

採用活動は、それ単体で孤立して実施されるものではありません。採用は事業活動の一環・一部として実施されます。採用には例えば、経営者、労働市場、市場環境、事業モデル、競合他社、現場、経営計画等々といった「要素」が関連してきます。


採用を巡る諸要素の性質は、企業ごとに異なります。企業内でも誰の目線から見るかによって性質は異なって見えるでしょう。要素の性質によって、採用と諸要素の関係性も異なり得ます。更に複雑なことに、同じ企業でも時間の経過と共に、要素の性質も関係性も変化していきます。

例えば、労働市場において自社の知名度が高い企業と低い企業では、望ましい採用の在り方は「本来」異なります。経営者の考え方や経営計画における目標数値が違えば、望ましい採用の在り方は「本来」異なります。

このように本質的には、各企業はそれぞれの諸要素の「整合性」をとるような採用の在り方を志向していかなければなりません。もし、各社が本質的な採用活動を組み立てていれば、各社各様の独特な採用が展開されていることでしょう。

しかし、現実はどうでしょうか。そうなってはいないのではないでしょうか。冒頭で述べた通り、多くの企業は半ば無意識的に、標準プロセスに基づいて採用を進めています。

このような問題意識のもと、採用学研究所では、2017年秋に4周年を迎えるに当たって、採用活動を根本的に見つめ直す機会を提供できればと考えています。

諸要素との整合性を意識して採用を戦略的に位置付けるという時、採用は「事業を前進させる一つの手段」と捉えられます。そこにおいては、採用プロセスを見つめ直すのは勿論のこと、極端に言えば、「採用自体が一要素として本当に必要なのか」を問い直すことも含まれています。

採用に関するほとんど全てのセミナーでは、標準プロセスで採用を実施することを前提に、「如何に良い手法を選択するか」という議論を行います。他方で今回、採用学4周年記念セミナーでは、採用の実行そのものという聖域さえも真摯に検討したいと思います。

採用は経営組織を巡る様々な要素の一つです。どのように他の要素との間で整合性を確保した採用を進めていけば良いのでしょうか。

セミナー当日は、最初に4周年記念セミナーの価値観を表明した後、諸要素との整合性を取りながら実行した採用の事例をご紹介します。続いて、その事例を多角的に考察・解釈し、教訓を探ります。最後に、参加者の皆様同士のディスカッションの時間を設けます。採用を根本的に再考したい方に参加していただけると幸いです。

◆日時
2017年10月25日(水)18:00-20:00 ※開場:17:45

◆場所
僕らのワークデザインラボ
東京都港区浜松町2-4-1 世界貿易センタービル8F

◆定員
30名 ※抽選で参加者を決定いたします

◆参加費
無料

◆講師/コメンテーター/ファシリテーター
伊達洋駆:株式会社ビジネスリサーチラボ 代表取締役
神戸大学大学院経営学研究科 博士前期課程修了。修士(経営学)。同研究科在籍中、2009年にLLPビジネスリサーチラボ、2011年にビジネスリサーチラボを創業。以降、経営層・マネジメント層をクライアントに意思決定の精度を高めるためのリサーチ・コンサルティング事業を展開。2013年に横浜国立大学 服部泰宏研究室と共同で採用学研究所を立ち上げ、同研究所の所長を務める。

杉浦二郎:株式会社モザイクワーク 代表取締役
2001年に三幸製菓株式会社へ入社。2007年より人事担当となり2015年9月まで人事責任者を務めた後、同年10月より株式会社モザイクワークを設立し、採用プランナーとしても活動中。また、外部アドバイザーとして三幸製菓の2017年の採用にも関与。「カフェテリア採用」「日本一短いES」等々を生み出し、TV、新聞、ビジネス誌等、多くの媒体に取り上げられる。また、地元新潟において、産学連携キャリアイベントを立ち上げるなど、「地方」をテーマにしたキャリア・就職支援にも取り組んでいる。

神谷俊:株式会社ビジネスリサーチラボ コンサルタント
法政大学大学院経営学研究科博士前期課程修了、経営学修士。ビジネスリサーチラボにて調査・研究を推進する一方、多様な組織に在籍し、独自のキャリアを展開。株式会社エスノグラファー代表取締役、面白法人カヤック「社外」人事など広く兼務。多様な領域を越境しながら地域・組織などのコンサルティングを手掛ける。

服部泰宏:横浜国立大学大学院国際社会科学研究院 准教授
神戸大学大学院経営学研究科博士課程後期課程修了後、滋賀大学経済学部専任講師、准教授を経験した後、横浜国立大学大学院の准教授に着任。現在に至る。日本企業における組織と人の関わり合いや、日本のビジネス界における知識の普及に関する研究などに従事。2013年以降は、人材の採用に関する科学的アプローチである「採用学」の確立に向けた研究・教育活動に取り組む。近年の主な著書に「採用学」(新潮選書)がある。

◆ご参加にあたってのお願い
本セミナーの様子は、予告・許諾なく、写真・ビデオ撮影をさせていただく可能性があります。写真・動画は主催者が関与するウェブサイト等の広報手段、講演資料、書籍等に許諾なく用いられる場合があります。マスメディアによる取材に対しても、許諾なく提供することがあります。ご参加に際しては、上記をあらかじめご了承ください。

◆主催
採用学研究所
株式会社ビジネスリサーチラボ
株式会社モザイクワーク

◆連絡先
株式会社ビジネスリサーチラボ
電話番号:03-6455-7020
メールアドレス:kenkyukai@business-research-lab.com
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#273749 2017-08-30 06:17:33
More updates
Wed Oct 25, 2017
6:00 PM - 8:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
僕らのワークデザインラボ
Tickets
抽選応募チケット ※チケット取得をもって参加確定ではございません。9月末頃より、抽選結果を個別にご連絡いたします。 FULL
Venue Address
東京都港区浜松町2-4-1 世界貿易センタービル8F Japan
Organizer
ビジネスリサーチラボ事務局
1,269 Followers